お金を守る・奪われない

個人事業主の退職金になる「小規模企業共済」で最大限に節税するぞ

はんぺら
はんぺら
個人事業主は退職金はありません。マジかよ…。死ぬまで働かねば…。

絶望から始まってしまいましたが、大事なことなんで何度でも言います…個人事業主には退職金はありません。といっても最近では会社勤めの人も自分で退職金を負担して積み立ててるとか…。

世知辛い世の中になってきましたね。自分の老後は自分で守りましょう、ということなのでしょうか。そもそも個人事業主・フリーランスにこの世は優しくできてないので、自分で頑張るしかありません。

しかし!個人事業主にも退職時に優遇される積み立て制度があります。それが「小規模企業共済」です。

自分自身で毎月積み立てていく長期の定期預金のようなものですが、色々なメリットがあるので僕も退職後の資金として積み立てています。

ざっくり説明すると、

  • 毎月の積み立てた額が全額所得控除になる
  • 賭け金は1,000〜70,000円の間で500円刻みで設定
  • かけた額に上乗せして戻ってくる(元本割れもあり)
  • 貸付制度を利用できる
  • 退職金としてだけでなく、年金としても受け取れる

って感じの制度です。もちろんメリットだけでなくデメリットもありますが、節税・貯蓄・投資的な意味で個人事業主には強い味方になるのではないでしょうか。

早速その「小規模企業共済」についてご紹介していきます。

小規模企業共済ってなに?

毎月金額を決めて積み立てて、事業を辞めたときやに一括もしくは年金的に分割して受け取れる制度ですね。サラリーマンで言うところの退職金や厚生年金的なものだと思ってもらうとイメージしやすいと思います。

僕ら個人事業主は廃業後の収入は国民年金か個人でかけている年金しかありません。退職金もないので、働けなくなって収入がなくなると生活に困ってしまいます。

そのための長期的な積み立て精度になります。

受け取る金額や受け取る方法はかける期間や条件がありますが、自分に当てはまるものが一度わかってしまえばそんなに難しくはありません。それ以上にメリットがあるのでチェックしておくといいと思います。

小規模企業共済のメリット・デメリット

それぞれいいとこ悪いとこがあるので見ていきましょう。当てはまる人とそうでない人もいると思うので、僕の場合を例にして見ます。

  • 掛け金が全額所得控除になる(所得を減らして税金を少なくできる)
  • 掛け金に上乗せして戻ってくる(始める前にシミュレーションしてみよう)
  • 受け取るときは退職所得・雑所得扱いになるので税金が安くなる
  • 長く掛ければ掛けるほど掛け金が増えていく(時間を味方にして資産を増やせる)
  • 事業で必要なら低金利で融資を受けることができる
  • 20年以上継続して掛けないと元本割れする(掛け金よりも少なくなる)
  • 12ヶ月未満の継続では掛け捨て(1円も戻ってこない)になる
  • 加入するのに規模・人数制限などがある(従業員がいない開業時などに入っておこう)

ざっくりとこんな感じですかね?細かいところは抜きにして個人事業主が気になるポイントはこんなところかと思います。

▼ややこしいですが、細かい部分は小規模企業共済の公式ページで確認を!

小規模企業共済の公式ページ

小規模企業共済って入った方がいい?

はんぺら
はんぺら
僕は開業時に知り合いに教えてもらって加入しましたが、入っておいてよかったと思います。

小規模企業共済の最大のメリットは掛け金が全額所得控除になること。

例えば毎月30,000円積み立てていると年間で360,000円の所得控除になります。それによって所得税が減ります。そのまま積み立ててどのくらいの金額がもらえるんでしょうか?シミュレーションを使ってやってみます。

僕が今38歳になったばかりなのでそれで試算してみます。(ご自身の環境に合わせてやってみてください)

  • 年齢は38歳0ヶ月(西暦2021年8月)とします
  • 毎月の掛け金は無理のない30,000円
  • 退職(解約)は27年後の65歳0ヶ月とします(西暦2048年7月)
  • 課税所得金額は300万円とします

▼実際に打ち込んでみました。

38歳から27年間(324ヶ月)、30,000円の試算
はんぺら
はんぺら
あと27年で30,000円ずつ積み立てるとどのくらいになるんでしょうか…

▼出てきたシミュレーション結果がこちら!

約200万円増えてリターン、節税も年間70000円に!

掛け金の合計が9,720,000円、解約時に受け取れるのが11,848,800円!あくまで試算とはいってもこのリターンは大きいですね。節税効果も年間で7万円以上あるので、ただ積み立てていくだけでこの恩恵はデカい!

この試算どおりになるかどうかは分かりませんが、ただ貯金してくだけで毎年の所得税・住民税の節税としての効果は大いにあると思います。

はんぺら
はんぺら
言い換えるなら年間約14%の配当がある(72,800 ÷ 511,700=約0.14)のと同じことですね!

小規模企業共済まとめ

  • 節税に効果がある(毎年の税金や受取時の税金も少ない)
  • 無理ない金額で長期的な定期預金と思えば少額からでも始められる
  • 時間をかけること(掛けた月数)が重要なので早く始めることが大事

自分で貯金するのって結構大変なので5,000円からでも早く始めておくことが、大きなリターンになって返ってきます。

節税というとちょっと守りの姿勢というか前向きな感じはしないですが、毎年の税金を減らすことって立派な投資になると思います。

それに加えてリターンも大きくなる。個人事業主の特権であるこの小規模企業共済はこの不透明な将来への大きな武器になると思っています。

はんぺら
はんぺら
こういう便利な制度をうまく利用して少しでも将来の不安を無くしたいですね!

▼お金がない時は苦しいので僕も最初は50,000円からはじめました。今は満額の70,000円をかけ続けています。(毎月厳しい…)

小規模企業共済の公式ページ

それでは!

ABOUT ME
はんぺら
1人で個人事業主・経営者として働いています。お金のことをちゃんと勉強してゆとりのある暮らしをしたいです。将来のことお金のこと、何も気にせずビールが飲みたいです。

POSTED COMMENT

  1. […] 似たようなものだと小規模企業共済(しょうきぼきぎょうきょうさい)ってのがあるのでそちらもチェックして合わせて加入しておくと節税に抜群に効果ありますよ! […]

  2. […] ただ、個人事業主の人なら同じかけるなら小規模企業共済やiDeCoの方を優先すべきかなと思います。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です