お金を増やす・収入を増やす

60歳まで引き出せないけど個人事業主のお得な制度「iDeCo」で節税だ!

投資に興味がある人なら「iDeCo(イデコ)」の名を聞いたことがあると思います。

はんぺら
はんぺら
名前は聞いたことあるけどどういう制度なのかぶっちゃけ知らないって人多いと思います。はい、僕もそうでした。

「あ、ああ…iDeCoね!あの髪の長いちょっとぽっちゃりした子でしょ?最近よく見かけるんだよね。へー、お前、あいつのこと…もしかして好きなの…?」くらいに思ってました。

僕はもうiDeCoと知り合ってからというもの、すぐに大好きになりました。個人事業主なら使わない手はない節税の手段なので、是非とも紹介させてください!やっておけば必ずやあなたの力になってくれることでしょう…!!

iDeCoとはなんぞや

iDeCoとは「個人型確定拠出年金(こじんがたかくていきょしゅつねんきん)」と言われるもので、自分自身で積み立てて作っていく個人の年金のことです。

今までは個人事業主しか入れないってなってたみたいですけど、今は条件を満たせば会社員でも入れるみたいですね。といっても会社員や公務員は企業型の確定拠出年金に入っていると入れなかったりするみたいですが。

まあ僕は個人事業主なのでバッチリ入れます。

似たようなものだと小規模企業共済(しょうきぼきぎょうきょうさい)ってのがあるのでそちらもチェックして合わせて加入しておくと節税に抜群に効果ありますよ!

個人事業主の退職金になる「小規模企業共済」で最大限に節税するぞ 絶望から始まってしまいましたが、大事なことなんで何度でも言います...個人事業主には退職金はありません。といっても最近では会社勤...

話がそれましたが、そのiDeCo。その実態やいかに。普通の年金と似ていて、毎月決めた金額を積み立てていくもの。そしてその積み立てた金額を元に年金のように月々で受け取ったり、まとめて一括で受け取ったりすることもできます。

60歳までコツコツ貯めて、歳をとってからの財源にするってことですね。早くほしい。

iDeCoのメリット・デメリットって?

これも個人によって違いがあると思いますが、一生今の仕事を続けて頑張りたいという個人事業主であればあんまりデメリットはないんじゃないでしょうか?自分に置き換えて考えてみました。

  • 掛け金が全額所得控除(所得税が減る)
  • 上限が個人事業主なら68,000円までで、その中で分散投資ができる
  • 運用で得た利益は全て非課税!
  • 受け取る時も退職所得・雑所得となり節税になる
  • 原則60歳までは引き出すことができない
  • 国民年金基金と併用できない(合算で68,000円まで)
  • 年金として受け取るには終身年金ではない
  • 自分で銘柄を設定しないといけない
  • 元本割れするリスクもある
はんぺら
はんぺら
こんなとこですかね?自分でメリットしかないとかいっておきながらデメリットが多くなってますね…。

節税目的で始めるならかける時も所得控除になるし、受け取る時も控除がある。それでいて運用で増えた分も非課税になるので節約・投資・貯蓄が同時にできるイメージですね。

その反面、自分自身で購入する銘柄を選んだりしないといけないし、そもそも増えるかどうかもわからない。ましてや急に資金が必要になったとしても引き出すことができない仕組み。

僕のように1人で事業をやっている人はある程度コントロールできると思いますが、数人のスタッフや従業員を抱えてる人にとってはデメリットの方が大きく感じるかもしれません。

その辺りは個人事業主と言っても差があるので一概にメリットばかりではない、ということです。

年金目的でiDeCoを始めるのならば、基本的に有期年金(支払い年数に期限がある年金)なので将来の不安は拭えないかもしれませんしね。

iDeCoってやった方がいいの?

これはその人それぞれなので難しいところなのですが、僕の意見としては「やった方がいい」と思います。

月に5,000円程度であれば家計の見直しで捻出できる金額だと思いますし、小さな金額でもコツコツと積み立てていくことが後に大きな利益を生んでくれると思います。リスクはもちろんゼロではないのですが、そもそもリスクを気にしてたら個人事業主になってないと思いますしね。

それなら最低金額からでも挑戦しておくのがいいかと思います。ギャンブル的な要素はゼロではありませんが、パチンコと違って一瞬で5,000円がゼロになるわけではありませんしね!(1日で5万10万とか平気で無くなりますから…)

iDeCoまとめ

  • 個人事業主なら5,000円からでもいいのでコツコツ積み上げるのが吉
  • 銘柄を選ばないといけないとかリスクもあるけど、メリットも大きいよ
  • 投資の第一歩として初めてでもチャレンジしやすい
  • 他の投資はリスクあるのでしなくてもいいからiDeCoだけはやっといた方がいいかも

なんともまとまらない終わり方ですが、個人事業主の方でこういった節税や投資などに手をつけていない人にiDeCoはおすすめです。

節税・投資・貯蓄を同時にできるのがこのiDeCoの制度の特徴です。

資産を増やすという目的ではなく、将来のための定期預金を作るイメージで最低額からスタートすれば確定申告の時に「あ、ちょっと所得税減った!」って嬉しくなれます。

余裕があれば掛け金を変更することもできますから。

はんぺら
はんぺら
60歳まで引き出せないのはデメリットではありますが、60歳までくらいは今の仕事を続けて行ける気持ちで僕はかけ続けたいと思います!やるぞー!

僕は楽天証券でiDeCoを毎月積み立てています。楽天ならポイントも貯まるし使えるし、他の楽天サービスと組み合わせるとお得が大きいですよ。

投資信託にiDeCoに株やNISAもぜーんぶ!メインで使ってるのは楽天証券です 投資を始めようかなーって思っている個人事業主の人は多いと思いますが、投資をするなら証券会社に証券口座を開設しないといけません。 ...

それでは!

ABOUT ME
はんぺら
1人で個人事業主・経営者として働いています。お金のことをちゃんと勉強してゆとりのある暮らしをしたいです。将来のことお金のこと、何も気にせずビールが飲みたいです。

POSTED COMMENT

  1. […] 2年ほど前からiDeCo(個人型確定拠出年金)を積み立てていたんですが…久しぶりにiDeCoのページを見てみたんです。 […]

  2. […] いつでも引き出せるので急に資金が必要になっても大丈夫(iDeCoのような制約がない) […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です